画像:プロボノチャレンジ(川崎市提供)

 Focus


 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2017.8.16

超高齢社会には必須!? 地域ボランティアの「プロボノ」とは何か!? 自治体が注力するこれだけの理由

Joint

 
  
   
 
 Focus
 2017.8.16

超高齢社会には必須!? 地域ボランティアの「プロボノ」とは何か!? 自治体が注力するこれだけの理由

 

「プロボノ」という言葉を知っているだろうか。本業の仕事で培ったスキルを活かしてボランティアをすること、を意味する。地域社会が抱える課題の解決に資する社会貢献活動として注目を集めており、自治体による取り組みも広がりつつある。
 
例えば神奈川県川崎市。地元のNPOなどに「助っ人」として協力する人を募集し、支援を希望する団体側とのマッチングを行っている。担当するコミュニティ推進部 協働・連携推進課の鈴木尚子係長と陣内翔さんを尋ね、「プロボノ」に目をつけた狙いや意義を聞いてきた。

《 プロボノチャレンジの様子 川崎市提供 》

 ーー「プロボノ」とは何ですか?

 

  陣内翔
「公共善のために」というラテン語に由来する言葉で、社会的・公共的な目的のために仕事のスキルを提供するボランティア活動、のことを指しています。もっとも、明確な定義はありません。我々としては、それぞれの知識や経験、技術を活かした社会貢献の活動が広く該当すると捉えています。
 
 ーー 川崎市では以前から「プロボノ」を推進していると聞きました。

 

  陣内翔
はい。「プロボノチャレンジ」というものを実施し、今年で3年目になりました。地域で新しいつながりを持ちたい人と、「プロボノ」を取り入れて事業をより充実させたい団体・NPOなどのマッチングをしています。プロジェクトの期間は約1ヵ月。名乗り出てくれた「プロボノワーカー」には、団体の課題整理やFacebookの立ち上げ、ホームページの構築、イベントのチラシ・ポスターの製作、会計や法律の相談など、様々な支援内容から得意な分野を選んでもらいます。そのうえで、役割の違う3人から5人のチームで団体の活動を支援してもらっています。
 
 ーー 地域のNPOなどの課題解決につなげるわけですね。なるほど…。

 

  陣内翔
今年から「川崎プロボノ部」というものも始めるんです。基本は「プロボノチャレンジ」と同じなんですが、プロジェクトの期間を約2ヵ月〜3ヵ月に延長しました。支援内容も、主に総務・経理・営業といった団体の運営基盤を支援する内容に絞っています。
 
  鈴木尚子
「プロボノ」自体は無償で行ってもらうのですが、実際の活動にあたっては交通費などの負担も生じてきます。参加へのハードルを下げるため、「川崎プロボノ部」では試行的に交通費などの経費の一部を助成することになりました。
 
 ーー「プロボノ」を推進しようと考えた理由は?

 

  陣内翔
市民が主体的に活動する新しい仕組みづくり、として始めました。現役を引退されても元気なシニアの方や、今も企業で活躍している社会人の方などに、それぞれの知識や経験、技術を活かして地域の課題に取り組んでいただく ーー 。それにより、新たな出会いやつながり、充実感、生きがいなどを得ていただき、地域の活性化にもつなげていくことが狙いです。NPOや地域活動団体、町内会・自治会などの基盤を強くすることにもなりますよね。
 
  鈴木尚子
市民活動やボランティア活動などに関わる人が今以上に増え、参加者と団体がWin-Winの関係になればと思っています。新しい人間関係が開けますし、地域の様々な活動を知っていただく機会にもなるのではないでしょうか。
 
 ーー 普及や定着に向けた課題は?

 

  陣内翔
事前に説明会を開催し、市政だよりやウェブサイト、チラシ配布などの広報を通じて広く参加を呼びかけてはいるのですが、まだ十分には参加者が集まらないというのが実情です。「プロボノ」という言葉やその意義について、認知度を高めていくことが課題だと考えています。
 
 ーー 今後の展望を教えて下さい。
 
  鈴木尚子
各年のプロジェクトが終わった後も、「プロボノワーカー」と団体にはつながりを保っていただけると嬉しいです。我々の取り組みが1つのきっかけになり、市内で「プロボノ」が盛んに行われるようになればと思います。川崎で多くのプロボノワーカーが活動し、NPOや町内会などの皆様が自然に「プロボノ」を活用している ーー 。そうした状況になっていけば理想的ですね。
 
 ーー 興味を持たれている方に呼びかけたいことは?

 

  陣内翔
ぜひ気軽に参加していただきたいんです。「知識や経験を活かす」というと、「専門的で高度なスキルが欠かせないのでは」と思われるかもしれませんが、まったくそんなことありません。ファシリテーションやヒアリング、簡単な資料作成など、一般の社会人が持っている力であれば十分に支援は可能です。

広告