広告
広告

Report

2017.12.4
= 社保審・介護給付費分科会 =

居宅ケアマネ、末期がん患者の頻回モニタリングを評価 厚労省、加算新設へ

 


《 社保審・介護給付費分科会 1日 》

厚生労働省は1日、末期のがん患者を支えているケアマネジャーに状態の変化を捉えた迅速な対応を促すインセンティブとして、居宅介護支援に「ターミナルケアマネジメント加算」を新設する方針を固めた。頻回のモニタリングによってタイムリーに適切なサービスを把握し、他の事業者や主治医へ伝達、調整する取り組みなどを評価していく。来年度の介護報酬改定に向けた協議を進めている審議会で提案し、委員から大筋で了承を得た。年度内に詳細を固めて通知する予定。
 
第154回社会保障審議会介護給付費分科会資料
 
対象となるのは、末期がんと診断され在宅で亡くなった利用者。ケアマネが訪問した後、24時間以内に病院で亡くなったケースも含まれる見通しだ。夜間も連絡を受けられるようにし、必要に応じて柔軟に対応できる体制を整えておくことが前提となる。それに加えて、
 
○ 利用者・家族の同意を得たうえで、死亡日と死亡日前14日以内に2日以上在宅を訪問し、主治医の助言を得つつ、本人の状態やサービス変更の必要性を把握し、適切な支援を行う
 
○ 訪問により把握した利用者の心身の状態などを記録し、主治医や居宅サービスの事業者に提供する
 
ことなどが要件の案として示された。会合では委員から、「訪問看護のナースと業務が重複する部分もある。かえって本人・家族の負担となることのないように配慮すべき」との指摘が出た。
 

 2019年度からの新評価も

 
厚労省はこの日、医療機関と積極的に連携している居宅のケアマネを評価する施策を追加で提案した。新設する「ターミナルケアマネジメント加算」を一定回数以上取っており、
 
○ 退院・退所加算を一定回数以上算定している
 
○ 特定事業所加算のいずれかを取得している
 
事業所が一段と高い報酬を得られるようにする。「ターミナルケアマネジメント加算」の実績を確認する必要があるため、評価を開始するのは2019年度からとする計画だ。詳細は年度末までに固めるという。

広告
広告