広告

Technology

《 2019.9.30 》

動画や顔認証で自動記録! パナソニック、通所介護向けリハ支援システム発表


《パナソニックライフソリューションズ社エイジフリーBU提供画像》

パナソニックがデイサービス事業者の機能訓練をサポートする新たなクラウドシステムを開発した。

広告
広告
expobanner

体を動かす利用者を動画で撮影するだけで、実施した訓練の回数や所要時間を測定。自動で記録・蓄積し、レポートにまとめていく機能を備えている。2020年度下期の製品化を目指す。
 
動画の解析によって利用者の骨格の動きを推定する独自のシステムを搭載。顔認証技術も用い、同時に訓練を行う利用者を最大5人まで判別することができる。

《パナソニックライフソリューションズ社エイジフリーBU提供画像》

将来的には、動画で得た情報をAIに分析させて利用者の身体能力を測定する機能も付与する計画。「測定した身体能力を反映することで、より個々人に合った訓練計画を作れるようになる。客観的なデータに基づいた質の高い訓練の提供が可能となっていく」。パナソニックはそう説明している。
 

 人手不足に配慮して設計

 

新たなクラウドシステムでは、必要なアセスメントシートや訓練計画書の作成、訓練結果の記録・管理などの自動化を図った。ノウハウやマンパワーが不足している事業者でも、取り組みを効果的・効率的に進められるように配慮したという。自立支援・重度化防止を重視する国の施策の方向性に沿った設計だ。
 
例えば訓練開始時。利用者へのヒアリングをもとに選択式の質問に回答していけば、アセスメントシートが自動で作られるようにした。その内容をもとに、専門家が監修・協力したプログラムで利用者の日常生活を営む能力を評価。適切な訓練計画を自動を提案する。

《パナソニックライフソリューションズ社エイジフリーBU提供画像》

加えて、一連の業務をガイドする機能やスケジュール管理の機能も持たせた。現在は「個別機能訓練加算」のみが対象だが、今後は「生活機能向上連携加算」や「ADL維持等加算」などに対応させることも検討していく。
 
今月25日、パナソニックの介護事業を展開しているパナソニックエイジフリーは、2030年度までに売上高を1000億円以上へ伸ばすプランを公表した。電機メーカーとして培ってきた技術や知見を活かし、AIやロボットなどをこの分野でさらに活用していく方針を打ち出している。