2023年7月5日

要介護者も高齢化が進む 85歳以上が初の5割超 前期高齢者らは過去最少に=厚労省調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
(画像はイメージ)

厚生労働省が4日に公表した昨年の「国民生活基礎調査」− 。要介護の高齢者の年齢構成についても、最新のデータが報告されている。【Joint編集部】

それによると要介護者は、85歳以上が増えて84歳未満は減る傾向が鮮明になっている。


85歳以上は全体の53.3%。前回調査の3年前(2019年)より4.0ポイント上がり、初めて5割を超えた。


一方で84歳以下は減少。65歳から74歳は10.5%、75歳から84歳は33.8%となり、それぞれ過去最少を更新した。

joint-article-doctormate.vol3-sp-lead-banner03


この調査は厚労省が昨年6月に行ったもの。高齢者が要介護になった原因も報告されており、多い順に認知症、脳血管疾患(脳卒中)、骨折・転倒となっている。


Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint