staffplus-2024.2-sp-2-banner1
2023年7月31日

訪問介護の事業所数、初の3万5000ヵ所超 4年連続の増加で過去最多=厚労省統計

このエントリーをはてなブックマークに追加
(画像はイメージ)

厚生労働省が28日に公表した最新の統計で、訪問介護の事業所数がこれまでで最も多くなっていることが分かった。【Joint編集部】

今年4月審査分で全国に3万5050ヵ所。前年同月より2.0%、678ヵ所多かった。増加は4年連続。3万5000ヵ所を上回るのは初めてとなる。

高齢化に伴う地域の介護ニーズの増大が背景にあるとみられる。訪問介護は要介護の高齢者の在宅生活を支える中心的なサービス。利用者数や保険給付費も増加が続いている。


もっとも、サービスが必要なところに十分に行き届いているとは言えないのが実情。全体の提供量は増え続けているものの、人手不足などがネックとなって需要の伸びをカバーしきれていない地域が多い。


厚労省によると、ホームヘルパーの昨年度の有効求人倍率は過去最高の15.53倍。手が回らずケアマネジャーからの依頼を受けきれない事業所が少なくない、との調査結果も報告されている。現場の関係者からは、テクノロジーの活用による業務の効率化、人材確保につながる処遇の改善などを求める声が多くあがっており、これは来年度の介護報酬改定をめぐる論点の1つにもなりそうだ。


staffplus-2024.1-pc-side-1-banner1
staffplus-2024.2-pc-side-2-banner1
Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint