2022年9月9日

高齢者の1人暮らし、過去最多を更新 全国に742.7万世帯 半数超が75歳以上 厚労省

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 画像はイメージ

厚生労働省は9日、2021年の「国民生活基礎調査」の結果を公表した。【北村俊輔】

sms-banner2022.10-banner1

それによると、65歳以上の単独世帯は742万7000世帯で過去最多となった。厚労省は要因を「高齢化が進展したため」と説明。1人暮らしの高齢者は今後も増えていく見通しだ。


この調査は昨年6月に行われたもの。実施は2年ぶりで、前年はコロナ禍の影響で見送られた経緯がある。


高齢者の単独世帯のうち、75歳以上の割合は56.9%。80歳以上も37.9%を占め、3分の1を上回っていた。

konicaminolta-sp003


高齢者の単独世帯を性別でみると、男性が35.7%、女性が64.3%。75歳以上の割合は、男性が43.6%、女性が64.2%となっている。


夫婦で暮らす世帯なども含めた高齢者世帯全体は、1506万2000世帯。今回初めて1500万世帯を超えた。国内の全世帯に占める割合も29.0%まで上がり、こちらも過去最高を更新している。


sms-banner2022.10-banner3
Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint