2022年8月3日

介護福祉士会、衛生用品や検査キットの安定供給を国に要請 感染急拡大を受け声明

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本介護福祉士会・及川ゆりこ会長

日本介護福祉士会は2日、新型コロナウイルスの感染拡大の第7波による目下の厳しい状況を踏まえ、公式サイトで声明を発表した。【鈴木啓純】

sms-banner2022.10-banner1

「全ての介護・福祉従事者に対し、個人用防護具(PPE)をはじめとした衛生用品や、抗原検査キット、PCR検査キットなどについて、安定的かつ速やかに確保できる供給体制の構築を」と政府に要請。「この状況が続けば、それぞれの現場で感染対策用に備蓄している衛生用品などが枯渇してしまう恐れがある」と警鐘を鳴らした。

新型コロナウイルスの第7波による感染再拡大について(声明)

また全国の介護福祉士、介護・福祉従事者に対し、「極めて厳しい業務環境やシフトの中でも、日夜現場で奮闘している皆さまに心からの感謝と敬意を表します。介護を必要とする方々の『生活の継続』『安心と安全』『命と健康』を護り抜くために、共に頑張りましょう」と呼びかけた。

sms-banner2022.10-banner3
Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint