exahome-2024.7-sp01-banner01
2023年2月28日

厚労省、介護保険の総合事業の充実へ具体策検討 来月から 担い手確保など焦点

このエントリーをはてなブックマークに追加
《 厚労省 》

厚生労働省は来月から、高齢者の生活支援などを市町村がそれぞれ展開する介護保険の総合事業について、「充実に向けた検討会」を開催する。【Joint編集部】

要支援の高齢者を対象とする訪問型・通所型サービスなどを提供する体制が、必ずしも十分に構築されていない現状を打開する手立てを話し合う。


各地域の実態を把握して課題を整理するほか、受け皿の整備や担い手の確保などにつなげる具体策を議論する。地域住民も含めた多様な主体の参画を促す手法も俎上に載せる。


厚労省は昨年末にまとめた審議会の意見書に、要介護1と2の高齢者に対する訪問・通所介護を総合事業へ移す構想の是非について、2027年度の制度改正までに結論を出すと明記した。新たな検討会はこうした今後の動きにも影響を与えそうだ。

joint-article-doctormate.vol3-sp-lead-banner03
doctormate-short_article-2024.3-sp-lead-banner01


厚労省は3月中に初会合を開催し、今年夏を目途に取りまとめを行う計画。総合事業の充実に向けた工程表も策定し、それに沿って受け皿の整備などを集中的に推進したい考えだ。

nttdata-article-2024.6-lead-sp-banner01

Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint