exahome-2024.7-sp01-banner01
2023年5月12日

居宅介護支援にも「同一建物減算」を 財務省、サ高住の囲い込みを念頭に提言

このエントリーをはてなブックマークに追加
《 会合後に会見する増田寛也財政制度分科会長代理:11日 》

財務省は11日、財政健全化への道のりを話し合う審議会(財政制度等審議会・財政制度分科会)を開催し、社会保障制度の改革の具体策を提言した。【Joint編集部】

介護分野では、サービス付き高齢者向け住宅で暮らす利用者に対するサービスの適正化を注文。いわゆる“囲い込み”をしている事業者がいることなどを念頭に、居宅介護支援のケアマネジメントにも介護報酬の「同一建物減算」を適用すべきと求めた。


膨らみ続ける給付費の抑制につなげることが狙い。今後の報酬改定をめぐる論点になるとみられる。

nttdata-article-2024.6-lead-sp-banner01


介護報酬の「同一建物減算」はその名の通り、介護事業所と同じ敷地内の建物(例えば併設のサ高住)で暮らす利用者にサービスを提供するケースなどで対価を安くする仕組み。サービスによって要件は異なるが、既に訪問介護や通所介護などで導入されている。


Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint