exahome-2024.7-sp01-banner01
2023年8月23日

介護職員の離職率、14.4% 過去最低並みを維持 事業所間で2極化の傾向=介護労働実態調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
(画像はイメージ)

介護労働安定センターが21日に公表した昨年度の「介護労働実態調査」では、介護職員の離職率が14.4%だと報告されている。【Joint編集部】

前年度から0.1ポイント上がったものの、依然としてこれまでで最も低い水準を維持している。全産業の平均は13.9%(2021年雇用動向調査)。以前は大きかったこれとのギャップも、既にだいぶ縮まってきている。

一方で、介護職員の離職率は事業所ごとの格差が大きい。


10%未満の事業所が50.7%を占める一方で、30%以上の事業所も17.4%ある。また、規模の小さい事業所や開設して間もない事業所などに離職率が高い傾向がみられた。


前の事業所を辞めた理由を介護職員に聞いた結果をみると、「職場の人間関係に問題があった」が27.5%で最多。次いで、「事業所の理念や運営に不満があった(22.8%)」、「他に良い職場があった(19.0%)」、「収入が少なかった(18.6%)」などが多くなっている。

joint-seminar-2024.3-lead-banner01


この調査は、介護労働安定センターが昨年10月に行ったもの。全国8708の介護施設・事業所、1万9890人の介護職から回答を得ている。


Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint