daiichihoki-2024-6-sp-top-banner01
2024年2月13日

【障害福祉報酬改定】生活介護、専門職配置加算を見直し 有資格者の勤続歴なども評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
《 厚労省 》

厚生労働省は来年度の障害福祉サービス報酬改定で、質の高い人材の育成・確保を促す生活介護のインセンティブを見直す。【Joint編集部】

nttdata-2024.6-sp-02-banner01

既存の「福祉専門職員配置等加算」の算定ルールを変える。現行、この加算は3種類。そのいずれかを算定する決まりとなっているが、厚労省は加算(I)または(II)と(III)の併給を可能とする。

有資格者が常勤で長く働いている事業所を適切に評価する狙い。今は併給が認められないため、再考を求める声が関係者からあがっていた経緯がある。

doctormate-short_article-2024.3-sp-lead-banner01

厚労省は今年度内に告示する。今月6日、来年度の障害福祉サービス報酬改定の全容を決定。その中に「福祉専門職員配置等加算」の見直しも盛り込んだ


ricoh-2024.6-pc-side2-banner02
ricoh-2024.6-pc-side2-banner02
Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint