2024年6月12日

介護事業者の倒産急増 武見厚労相「事業所の経営を注視していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加
《 武見敬三厚生労働相 》

武見敬三厚生労働相は11日の閣議後会見で、介護事業者の倒産が足元で大幅に増えていることについて、「事業所の経営を非常に注視していく必要がある」との認識を示した。【Joint編集部】

「今後、今年度の介護報酬改定の影響、利用者や事業者の状況などを、経営実態調査をはじめとする各種調査を通じて把握する」との方針も改めて説明した。

nttdata-article-2024.6-lead-sp-banner01

東京商工リサーチが7日に公表した新たなレポートによると、今年1月から5月の介護事業者の倒産は72件。上半期の過去最多を5月までで上回った。サービスごとにみると、訪問介護が34件と全体の5割弱を占めていた。


《関連記事》訪問介護、事業者の倒産が急増 過去最悪を大幅に更新

bmltc-article-2024.6-lead-sp-banner01

武見厚労相は会見で訪問介護の事業者の倒産について、「人材不足や職員の高齢化、事業の統廃合、利用者不足、経営不振など様々な理由がある」と指摘。「厚労省としては、最も課題となっている人材の確保・定着に向けて処遇改善加算の取得促進に全力を尽くす。各種調査の結果なども踏まえ、必要な介護サービスを地域で安心して受けられる体制を作っていきたい」と述べた。


Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint