sms-2022.11-banner1
2022年11月4日

加藤厚労相、オミクロン株対応ワクチンの早期接種を呼びかけ 接種率5.4%

このエントリーをはてなブックマークに追加
《 加藤勝信厚生労働相(2022年9月撮影)》

加藤勝信厚生労働相は4日の閣議後会見で、新型コロナウイルスのオミクロン株対応ワクチンのできるだけ早い接種を国民に呼びかけた。【Joint編集部】

leverages-2022.11-banner1

新規感染者数が再び増加に転じたこと、季節性インフルエンザとの同時流行が懸念されることなどを踏まえ、「重症化リスクの高い高齢者はもとより、若い方にもぜひ年内の接種をご検討頂きたい」と述べた。


政府の今月2日時点の報告によると、オミクロン株対応ワクチンを接種したのは全国で約682万人。接種率は5.4%にとどまっている。


加藤厚労相は会見で、オミクロン株対応ワクチンの接種間隔を「前回から3ヵ月」に短縮したことを説明。「9月までに従来型ワクチンの接種を受けた方々なら年内に接種して頂ける。希望する全ての方々が年内に接種できるよう、自治体と連携して体制を確保している」と強調した。


sms-2022.11-banner3
mitsui.co-2022.11-12-banner1
Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint