sms-2022.11-banner1
2022年11月24日

政府、介護人材確保の総合政策パッケージを年内に策定 岸田首相が指示

このエントリーをはてなブックマークに追加
《 岸田文雄首相(2022年10月撮影)》

政府は24日、今後の社会保障改革の方向性を定める「全世代型社会保障構築本部」を官邸で開いた。岸田文雄首相は加藤勝信厚生労働相に対し、介護人材の確保に向けた総合的な政策パッケージを年内にまとめるよう指示した。【Joint編集部】

leverages-2022.11-banner1

「介護分野の人材確保、これは重要な課題」と改めて強調。「事業者の生産性向上と働きやすい職場環境作りのため、優良事業者の表彰、経営の見える化、介護ロボット・ICT機器の導入促進を含めた総合的な政策パッケージを、年末までに取りまとめて頂きたい」と要請した。介護職員の更なる賃上げには言及しなかった。


政府はこの日、各分野の改革の方向性を示す「論点整理」も提示した。介護については、「地域の拠点となる在宅サービス基盤の整備や地域包括支援センターの体制整備などを推進する」と明記。経営の協働化・大規模化による人材や資源の有効活用にも取り組むとした。ここでも介護職員の更なる賃上げには触れていない。


sms-2022.11-banner3
mitsui.co-2022.11-12-banner1
Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint