staffplus-2024.2-sp-2-banner1
2023年3月1日

厚労省、処遇改善加算の申請書類の新様式を公表 事務負担軽減へ入力内容を削減

このエントリーをはてなブックマークに追加
《 介護保険最新情報 》

厚生労働省は1日、介護職員の処遇改善加算、特定処遇改善加算、ベースアップ支援加算の算定に欠かせない計画書・実績報告書の新たな様式を公表した。【Joint編集部】

介護現場の事務負担の軽減に向けて、従来の様式から更なる簡素化を図った。来年度分の計画書、今年度分の実績報告書から適用する。


介護保険最新情報のVol.1132Vol.1133で関係者に広く周知している。

joint-article-doctormate.vol3-sp-lead-banner03
rehab-article-2024.2-lead-sp-banner01


厚労省は今回、前年度の賃金との比較を細かく求めないなど入力内容を削減。複数の事業所を運営している法人については、賃金総額や賃上げ額などの事業所ごとの記載を不要とし、法人単位の確認で済むようにした。


簡素化の具体的な内容はこちら

joint-seminar-2024.2-ondemand-lead-sp-banner1

staffplus-2024.1-pc-side-1-banner1
staffplus-2024.2-pc-side-2-banner1
Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint