2023年3月22日

政府、物価高の追加策を決定 交付金を積み増し 介護現場の支援は「推奨メニュー」に

このエントリーをはてなブックマークに追加
《 岸田文雄首相(2023年3月撮影)》

政府は22日、足元の急激な物価高騰に対応する2兆円超の追加策を決定した。今年度予算の予備費を財源として活用する。【Joint編集部】

地域の実情に応じた対策をとれるよう自治体に配る交付金を、1兆2000億円積み増す


効果が高いと考えられる「推奨事業メニュー」として、医療・介護・保育などの現場に対する物価高対策を引き続き明記。電気やガス、ガソリン、食料品などの値上がりに苦しむ事業所への支援を展開するよう促した。具体的な使途は自治体がそれぞれ決める。


物価高騰の追加策をめぐっては、介護事業者の団体が支援の拡充を求めていた経緯がある

joint-article-doctormate.vol3-sp-lead-banner03


全国老人福祉施設協議会や全国老人保健施設協会、全国介護事業者連盟、日本認知症グループホーム協会、日本介護支援専門員協会らが、政府・与党に要望書を提出。価格転嫁ができない介護事業の特性を説明し、「コスト上昇に対応できる財政措置を」などと訴えていた。


staffplus-2024.1-pc-side-1-banner1
staffplus-2024.2-pc-side-2-banner1
Access Ranking
人気記事
介護ニュースJoint